0120-22-4139
※固定電話からのみ発信可能
受付時間:月~金/9:30~17:30
※携帯電話からは、下記の番号へお電話ください。
TEL:084-922-2710

社会貢献活動について

徳永製菓株式会社は社会貢献を重要な経営基盤のひとつとして取り組んでいます。現在は”教育支援”をテーマとして、カンボジアにおける公益財団法人”CIESF”に対して、寄付金での活動支援を行っています。

弊社が理想とする社会貢献活動を実現するためには、性別や国籍の違い、ハンデキャップなどを意識することなく、様々な人財が活動できる社会環境が必要と考えています。社会を構成する一人ひとりの人間が、自由な表現力と行動力を高められるような、豊かな社会環境を創造することを目指しています。

2020年度は下記クラウドファンディングへ寄付いたしました。

【クラウドファンディング概要】

シーセフリーダーズアカデミーは多くの企業や個人スポンサー様からのご寄付で授業料無償で運営しています。しかし、コロナ禍、寄付も集まりにくい状況になってきました。学校存続のために、他事業のストップ、大幅な学校運営費の削減、今年度の新入園募集の中止、職員のリストラと減給、そして苦肉の策としてこれまではいただいていなかった学校でかかる教材分の費用負担をご家庭からいただくことを保護者にお願いをしました。当財団としても苦渋の決断となりました。しかしコロナの影響で失業してしまった保護者もおり、経済的な理由で教材費を支払えない家庭が数名いることがわかりました。経済的理由で学校に通えないご家庭を救いたい、しかし現在の学校の運営状況では教材費の免除体制(奨学金制度)をとるのが非常に難しく、それでも何とか免除分の費用を集めたいと思い、このクラウドファンディングを立ち上げました。 https://congrant.com/project/ciesf/2254

CIESF について

公益財団法人CIESFは、非営利で国際的な民間の教育支援団体です。基礎教育の質の向上を主な目的とし、その上で高度人材育成も行い国の発展を支援します。

CIESF 支援活動

現在、カンボジアは海外の援助に依存していますが、海外の援助が永遠に続くわけではありません。そして、援助する側も、ただ援助するだけでは意味がありません。カンボジア人が自らの手でよりよい国を作っていけるような、土台を作ってあげることが、本当の意味での援助になるのではないでしょうか。その土台を作るためには、まずは教育者を育てる必要があります。

カンボジアのいくつかの州では、先生の数が不足しすぎているために中学校を卒業したばかりの学生でも先生になるそうです。また、賄賂を払えば、最低限の読み書きを条件に教師になることも可能だといいます。

カンボジアでは、教師の社会的ステータスは他の職業と比べとても低く、月収平均が一般的な職業の3分の1というのが現状です。そのため教師は何かしらの副業をして家庭を支えなければならず、学校の授業に集中できません。それどころか、副業がメインになっている教師も多くいるようです。また、給料以外の収入が見込めないため、教師が地方に行きたがらず、教師の数と質は地方に行けばいくほど低下します。そのような教育環境で本当に人々の生活は向上するのでしょうか?貧困の連鎖から抜け出すことができるのでしょうか?

いくつ学校が新設されても、そこに「先生」がいなければ、意味がありません。私たちCIESFは日本からカンボジアの教員養成校に、日本のベテラン教師を派遣するプロジェクトを行っています(「国境なき教師団」)。現地の教員養成校に教師を派遣し、現地のニーズに合わせたカリキュラムを一緒に作成し、指導方法のノウハウを伝えることにより、将来の教職者を育成することを目指しています。

CIESF お問い合わせ

公益財団法人 CIESF
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-5 URD渋谷第2ビル4F
TEL:03-6418-2480  メール:info@ciesf.org
公式ホームページ http://www.ciesf.org